全国で校庭の緑化プロジェクトが進められています。

文部科学省の方針により積極的な校庭緑化が進む

文部科学省の方針決定により、全国で校庭緑化が進んでいます。大きな目的としては怪我の予防や運動能力の向上、成長途中の子供の身体への負担を防止することが挙げられます。 また、間接的な効果として緑化による癒やしやストレス軽減なども期待されています。身体と精神面の両方でメリットがあると考えられ、各自治体の活動により徐々に導入が進められているという現状です。

一方で風通しや日光のあたり方により芝の根付が甘い場合や管理が難しいことが大きな問題となっています。もちろん、天然芝であることが理想ではありますが育成に問題のある場合は人工芝で対応するケースもすすんでいます。

自治体の活動の一環として、東京都の例を見ると東京都環境委員会と教育委員会の提携により、緑の学び舎づくり事業補助金などの助成金や専門家の派遣なども行っています。

最近のニュース・トピック

校庭緑化プロジェクト詳細

都道府県のみならず、市区町村単位での校庭緑化活動を推進していくプロジェクトです。中学校、小学校や幼稚園において校庭、屋上緑化活動を啓蒙していきます。